女の人

季節ごとの人気アイテム

季節限定のコスメは、販売数量が限られているため、発売情報をこまめにチェックするといいでしょう。気になるアイテムは早めに手に入れることが大切です。また、情報収集は雑誌などで行っておき、早めに予約をしておくとよりいいでしょう。

妊娠線がコンプレックスになる前にクリームで予防しよう

ケアに欠かせないもの

美容クリーム

上手に保湿する

妊娠線を予防するためには保湿が欠かせません。専用のクリームを使うことにより、予防することができます。始めるタイミングは妊娠4カ月ごろからです。これは目安にすぎません。人によっては初期でお腹が膨らみやすい人がいます。膨らみ始める前からクリームで妊娠線を予防しておくことが大切です。特に、食べつわりなど体重が増加しやすい人は要注意です。お腹が膨らんでからでは遅いので、つわりが始まるときからすでにクリームを塗っておく必要があります。使用方法ですが、まずお風呂上りにケアするのが基本です。血行が良くなっているのでクリームの成分が浸透しやすいです。塗るときはマッサージしながら塗るとより効果的です。延びようとする皮膚をサポートし、皮膚が割れてしまうの予防ぐことができます。お腹をマッサージするときは中心から周りにむかって塗り広げ、お腹の下から上にむかい撫でるのを繰り替えします。最後に時計回りにマッサージをします。腸の形に添ってやると便秘解消にもつながります。見える部分だけではなく、見えない部分も鏡や旦那さんに確認してもらいましょう。妊娠線はお腹の皮膚の割れを言いますが、二の腕やバスト周り、お尻や太ももなども皮膚が割れることがあります。塗りのこしがあったらそこから割れやすいのでまんべんなく塗りましょう。妊娠線ケアにはリラックス効果もあります。気分をやわらげてくれるアロマの香りがついているものもあるので、自分の好みのものを選びましょう。

まつげ

ぱっちりした目にしたい

ふさふさのまつげは女性の憧れですが、メイクやマツエクによって切れたり抜けたりしてしまうことがあります。そんな時にはまつげ用の育毛剤を使ったり、まつげの成長のために必要な栄養素をしっかりと摂取していきましょう。

洗顔

お肌のタイプに合わせて

クレンジングは、新しいものがどんどん発売されます。そのため、自分に良いものが選べない方も少なくありません。しかし、難しく考えずに保湿効果や好みの洗い上がりから選んでいくといいでしょう。また、濡れた状態でメイクを落とせる便利なものもあります。